湯~遊~バス JR熱海駅からくりすたり庵へのアクセス

電車でくりすたり庵にご来庵の際は、「熱海駅」から眼下に熱海の大自然を一望しながら観光名所巡り、くりすたり庵の目の前にあるバス停「水口」まで30分で結ぶ、周遊観光バス「湯~遊~バス」も便利です。またお帰りのご利用では、わずか8分で熱海駅に到着します。

乗車料金は1回250円です。

まずは出発する「熱海駅」。駅の改札口を出て案内に従い、左側に進むとバスターミナルがあります。
 

バス乗り場は「0番のりば」です。
 

車内は普通のワンマンバスですが、前方にはボランティアのガイドさんが同乗し、各バス停周辺の観光スポットの見所や歴史を、ユーモアを交えながら楽しくわかりやすく説明してくれます。
 

出発するとすぐに熱海の海が眼下に望めます。

「サンビーチ」前の熱海のホテル街のメッカが見渡せます。

サンビーチを通過すると、ヤシの木が並ぶ「親水公園」に至ります。

熱海港を抜けて、熱海の景勝地の一つで約1キロにおよび断崖が続く「錦ヶ浦」に入ります。

振り返ると熱海城

ここからバスはジェットコースターの用なアップダウンを進みます。

そして「熱海城の目の前に到着します。

眼下には熱海の街を見渡すことができます。

その後バスはさらに南下し、海に突き出す美しい東伊豆の半島の稜線を眺めなら「アカオハーブ&
ローズガーデン
」を目指します。
 

その後はUターンをして右手に海を見ながら熱海の街中に戻ります。

街中に入ると見事な日本庭園と大正ロマンの雰囲気が楽しめる文化財の起雲閣近くのバス停「起雲閣西口」に到着します。

起雲閣西口を出て次のバス停が、くりすたり庵のある「水口」となります。

くりすたり庵はJR熱海駅から徒歩では20分ほどかかりますが、こちらのバスを使うと30分。時間は10分ほど余計にかかるのですが、熱海の観光名所を巡りながらのこちらの周遊バスは、来庵前にお手軽に熱海観光が楽しめるのでオススメです。

乗り降り自由な「1日乗車券(700円)」もありますので、お時間に余裕があるときなどは、ご利用してみてはいかがでしょうか。

「湯~遊~バス」ルートマップ

画像をクリックすると拡大表示します。

「湯~遊~バス」時刻表

「湯~遊~バス」の詳細は、運営会社の「東海バス」のこちらのページをご覧ください。
https://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=6173

関連記事

  1. 夕焼けの熱海港

  2. 熱海海上花火大会

  3. 3月8日熱海港の桜

  4. あたみ桜糸川桜まつり

    熱海桜祭り 12日からスタート!

  5. 熱海桜超満開

  6. 熱海さくら下り六分咲き

最近の記事

コンサート情報

ピックアップ記事!

  1. 一音、無限。