熱海桜祭り 12日からスタート!

あたみ桜糸川桜まつり

1月12日から始まった熱海桜祭り、かなり開花が進んでいます。

原産地はインドのアッサム州ダージリンと言われている熱海桜は、明治の初期に移植され昭和40年の花いっぱい運動の際にアタミザクラと名付けられたと資料に書いてあります。

和名はヒカンザクラで、開花期は12月後半から2月中旬頃までと花期が長く、桜祭りが始まって今日で13日目ですが(1月23日現在)、まだ5〜6分咲きですね。


日本で最も早咲きの桜だと言われている【あたみ桜】
市内中心部を流れる糸川にて、一足早き春の訪れを感じてみてはどうでしょうか?

詳細は、熱海の観光協会さんのサイトへ
>> 第9回あたみ桜糸川桜まつり

 

牧野 持侑の最新ライブ情報はこちら

2019年度 癒しのチャイム講座 日程はこちら

関連記事

  1. 湯~遊~バス JR熱海駅からくりすたり庵へのアクセス

  2. 夕焼けの熱海港

  3. 熱海海上花火大会

  4. 熱海桜超満開

  5. 3月8日熱海港の桜

  6. 熱海さくら下り六分咲き

最近の記事

コンサート情報

ピックアップ記事!

  1. 糸魚川ヒスイの石笛